読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「声優のアイコ」を名乗り、昏睡(こんすい)強盗を繰り返した罪などに問われている女に対し、東京地裁は懲役10年の実刑判決を言い渡した。

神 いっき被告(33)は、普段は男性として生活しながら、犯行時は、女性の服装で「声優のアイコ」を名乗るなどして昏睡強盗を繰り返していた罪などに問われている。
これまでの裁判で、神被告は、「全部俺が悪いです」と起訴内容を認めたものの、弁護側が、「神被告には、3人の別人格がいる。解離性同一性障害で、責任能力がない」と無罪を主張していた。
28日の判決で、東京地裁は、「解離性同一性障害による別の人格が行った犯行とは認められず、平素の人格状態で行った犯行」と結論付け、「完全責任能力がある」と判断した。
一方で、神被告が反省の態度を示していることから、懲役15年の求刑に対し、懲役10年の実刑判決を言い渡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00011090-houdouk-soci