1万冊あまり寄贈したのに全部無断でほかされた(´;ω;`)

京都市の市立図書館が、フランス文学者で文化勲章受章者の故・桑原武夫さんの遺族から寄贈を受けた1万冊あまりの蔵書を、遺族の了解を得ずに、すべて廃棄していたこ
とが分かり、京都市は遺族に謝罪しました。
文化勲章受章者で、京都大学名誉教授を務めたフランス文学者の桑原武夫さんが、昭和63年に83歳で亡くなった際に、遺族から桑原さんの蔵書、1万冊あまりが京都市
に寄贈されました。
京都市によりますと、蔵書は、市立の右京中央図書館が管理を担当し、市内の別の図書館の倉庫に保管していましたが、おととし12月、改修工事のため保管する場所が無
くなったなどとして、遺族の了解を得ないまま、すべて廃棄したということです。
ことし2月に、蔵書に関する外部からの問い合わせを受け、廃棄していたことが分かりました。
京都市は、事前に遺族の了解を得るべきだったとして、遺族に謝罪するとともに、廃棄を決めた図書館の当時の副館長の女性を、減給6か月の懲戒処分にしました。
京都市によりますと、市の謝罪に対して遺族は「残念です」と話していたということです。
京都市の在田正秀教育長は、「ご遺族はもとより、寄贈にご尽力頂いた関係者と市民の皆様に心からお詫び申し上げます」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170427/5972421.html