読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉9歳女児殺害の聞き込み取材を断られた記者が被害者宅周辺の住宅の壁を蹴る。住民が動画を公開

千葉県我孫子市ベトナム国籍の同県松戸市立六実(むつみ)第二小3年、

レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件をめぐり、リンさんの
自宅周辺住民の取材をしていた報道関係者が、取材を断られて住民宅の
外壁を蹴る動画がネット上で公開され、波紋を呼んでいる。

動画は住民宅の防犯カメラに録画されていたもので、住民が自身のツイッター
公開した。記者とみられるポケットに手を突っ込んだ男性がインターホンで話した後、
立ち去る際に後ろ向きで外壁を蹴る様子が20秒間映し出されている。

住民は「某社の記者さんよ、インターホン越しの取材依頼に対して、
私は『結構です、すいません』と言っているのにそんな態度取るなよ~! 
防犯カメラ着いているの一寸は気にしろよ、その場から少なくとも3台は一目瞭然だぞ!
防犯カメラ作動中のシールも3か所貼ってあるだろうに… だから家の壁蹴るな!」
松戸市の事件で事件背景等々明らかにするために頑張っている記者さんばかりと
思いますが、地域全体の気が滅入ってる中での取材ですので、良識的な取材を
切に願います」などと書き込んだ。

http://www.sankei.com/affairs/news/170417/afr1704170013-n1.html