【論破】共産党「米が攻撃したらおびただしい犠牲が出る認識はあるのか!」安倍「それは北朝鮮に言え」

北朝鮮の問題は国会でも論戦となっている。共産党は安倍首相に対して先制攻撃をやめるようトランプ大統領に求めたのかただした。

共産党の宮本徹議員は、アメリカと北朝鮮チキンレースになって戦争になりかねないと指摘したが、安倍首相は
北朝鮮問題の解決に向けた軍事的な圧力の必要性を強調した。

共産党の宮本議員「お互いにチキンレースになっていって、本当に戦争になりかねない。(トランプ大統領に)北朝鮮への
先制攻撃というオプションはダメですよ。これ、はっきりおっしゃったんですか」

安倍首相「それは建前を述べるのは結構ですけれども、残念ながら、それでは北朝鮮は動いてこなかったのは
事実でございます。彼らに時間を稼がせてその(核ミサイル)能力を向上させれば、もっと危機は水準が
高まっていくわけでありますから、その中においてより大きな圧力をかけていく」

宮本議員「総理はアメリカが先制攻撃を行えば、韓国、そして我が国も、おびただしい犠牲が出ると、こういう認識は
お持ちじゃないんですか」

安倍首相「それは北朝鮮に対して、国際社会が一致してこんなことはやめろと、こう強く言わなければならないのであって、アメリカに
お前らやめろということでは私はないんだろうと思います」

こうした中、安倍首相は有事に備えて朝鮮半島にいる日本人をどのように保護するかや、避難民が流入する場合の対応について
検討していることを明らかにした。

http://www.news24.jp/articles/2017/04/17/04359206.html