【画像】ACミランを888億円で買収した中国人オーナーが若すぎwこれが中国の大富豪か

ミラン売却が決定…ベルルスコーニは去り、中国人オーナー誕生で新たな歴史が始まる

遂に長い待ち時間が終わった。31年間のベルルスコーニ会長時代が終了し、中国人オーナーの新たなACミランが始まろうとしている。

サッカー史でも最も重要な叙事詩の一つが幕を閉じた。29個のトロフィーを誇るロッソネーリは、長年世界のトップクラブとして邁進してきた。
そして今、リー・ヨンホン氏が代表を務めるロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルクグループの元、ミランの新しい冒険が始まるのだ。

ミランを、シルヴィオ・ベルルスコーニ氏から中国人オーナーの手に渡すための交渉が完了したことを伝えたのは、公式声明だった。その声明の中で、金額は7.4億ユーロ(約888億円)であると発表している。

水曜日にリー氏がミラノに到着してから最終調整が急ピッチで進められ、ACミランの新しい筆頭株主となった。木曜日の朝早くに、法律事務所ジャンニ・オリゴーニ&パートナーズでは受け渡し手続きに必要な数々の書類にサインがされたのだ。

そしてそのサインの後、ミランの新オーナーは『sport.163.com』に以下のようなコメントを発表している。

「私を信頼してくれたベルルスコーニ氏とフィニンヴェスト社、そして我慢強く見守ってくれたサポーターたちに感謝します。今日から未来を創っていきましょう。そして一歩ずつ進み世界トップの座に返り咲きましょう」

その法律事務所にはアドリアーノ・ガッリアーニ氏もいた。ベルルスコーニ時代のミランで長い間CEOを務めていた彼は、12時を少し過ぎた頃、まさに交渉が終わりに近づいている時に事務所を裏口から出た。

まさに中国人がチームを買収している決定的な瞬間、クラブ史だけではなく、イタリアサッカー史に残る重要な瞬間だった。つまり、中国オーナーの新ACミランが公式的に生まれ、1986年2月20日に始まった歴史が幕を閉じるのだ。

http://i.imgur.com/gNuOlVp.jpg