読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港区特権階級に属す一握りの男。そこに群がる女たちと、うごめく欲望

港区の中にも、目には見えない序列があることをご存知だろうか。

六本木・青山・赤坂などの商業エリアに麻布・白金などの住宅エリア。そして虎ノ門・新橋・芝といったビジネスエリアに品川から台場のベイエリア...。

港区内でどこに住み、どのような生活を送るのか。

それによって生じる“港区内格差”。

そんな“格差”を港区在住歴10年、32歳の凛子と共に暴いていこう。

港区女子を卒業した女

港区内格差:“港区特権階級”に属す一握りの男。そこに群がる女たちと、うごめく欲望

大きな窓ガラスから差し込む木漏れ日に、凛子は思わず大きく背伸びする。

昨年末に婚約し、一緒に住み始めた雅紀の家は有栖川宮記念公園に面した低層マンションで、港区とはいえ、ここは格別の静けさを誇る。

綺麗に掃除され、生活感が全くない大きなアイランドキッチンに向かい、美容に良いと言われて久しい白湯をそっと飲む。

32歳になったが、“港区で凛子の存在を知らない人はいない”と言わしめた美貌は衰えるどころか、最近では更に肌ツヤが増している。

大理石で造られた洗面所へ向かい、ドゥ・ラ・メールのクリームを顔と首にたっぷり塗りながら、今日の予定を考える。

凛子は、雅紀と出会うまで港区の中心で10年間生きてきた。日々変わりゆく人間模様。欲望と嫉妬が渦巻き、それが街の輝きとなって、まるでブラックダイヤモンドのように眩く光る港区。

今はそのダイヤモンドの輝きは、1.5カラットの指輪となり、左手の薬指に収まっている。

キラキラと太陽光に反射して光る指輪を眺めていると、美奈子からLINEが入った。

―凛子、今夜何してる?佐藤さんの誕生日会が『1967』であるの。久しぶりに行かない?

港区エンパイア、牙城崩せず

佐藤隆二郎。港区で知らない人はいない有名人だ。

10年前に一緒に遊んでいた港区女子の友達は、半分以上が姿を消した 。Instagramでたまに見かける人もいるが、LINEの連絡先は知らない。港区女子の友情なんてそんなものだ。

そんな中、美奈子は貴重な“港区女子生き残り組”だった。

―行く! 20時開始ということは、21時半くらいでいいよね?

幸い、今夜雅紀は出張で香港にいる。

クローゼットからISSAの、胸元が綺麗に開いたワンピースを取り出し、マノロ・ブラニクのグレーパンプスと、以前誰かに貰ったケリーを合わせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170411-10005910-tokyocal-ent