読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スーパーGT】ホンダの悪夢。佐伯PL「3年問題なかった部品が…」

岡山国際サーキットで行われたスーパーGT開幕戦GT500クラスの決勝では、序盤に4台のNSX-GTにトラブルが続々と発生。続々とマシンストップとなる
悪夢のような事態となったが、これについて佐伯昌浩プロジェクトリーダーは「3年間使っていて一度も問題がなかった部品が壊れた」と原因について語った。

 悪夢の始まりは、前日の予選Q2。久しぶりにGT500復帰を果たし、ホンダ陣営では初めてヨコハマタイヤを装着した#16 MOTUL MUGEN NSX-GTが突然ストップ。
この時は単なる電気系のトラブルかと思われていたのだが、これと全く同じ症状が決勝になって立て続けに起きることになってしまう。

 パレードラップスタート時に#17KEIHIN NSX-GTが動かなくなり、グリッド上で立ち往生。一度はスタートを切ったがダブルヘアピン出口で再びストップしてしまう。

 その直後、ポールポジションだった#8ARTA NSX-GTもモスS手前で突然ストップ。これが原因で赤旗が出される事態となった。さらに悲劇は続き、
グリッドにマシンを誘導している最中に#64EPSON Modulo NSX-GTにもストップしてしまう。

 レースが再開された6周目には、#100RAYBRIG NSX-GTもバックストレートで一度ストップ。再び動き出したものの、ダブルヘアピンでまたスピードに乗れず止まることになってしまった。

 この結果、#8ARTA NSX-GTと#100RAYBRIG NSX-GTはリタイア。#17KEIHIN NSX-GTと#64EPSON Modulo NSX-GTは修復を行い、コースに復帰した。
結果的に、前日にトラブルが出た#16MOTUL MUGEN NSX-GTが順調に走りきり9位。陣営の中で、唯一のポイントゲットとなった。

 具体的な症状としては、アクセルを踏んでも反応せず、そのまま動力を失ったように止まった模様。もちろん全てのマシンが同じ症状だったという。
https://jp.motorsport.com/supergt/news/スーパーgt-ホンダの悪夢-佐伯pl-3年問題なかった部品が-891777/