1歳未満の赤ちゃん、ハチミツは与えないで…厚労省が注意喚起

厚生労働省は4月11日、乳児の保護者に向けて、ハチミツの与え方に関するメッセージを掲載した。ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてからが望ましく、
1歳未満の乳児にはハチミツやハチミツ入りの飲料・菓子などを与えないよう注意している。

ハチミツには「ボツリヌス菌」が含まれており、1歳未満の乳児がハチミツを食べることによって、乳児ボツリヌス症にかかる場合がある。
乳児ボツリヌス症は、国内では保健所が食中毒として報告した事例は1986年以降3例、医師が乳児ボツリヌス症として報告した事例は
1999年以降16例あるという。

http://response.jp/article/2017/04/11/293363.html
http://response.jp/imgs/zoom1/1174020.jpg