【驚愕の通勤】 定期代 14万 払ってる企業はアホか????

新幹線通勤の実際は―

 埼玉県熊谷市に住む会社員の窪田未来さん(30)。
都内の会社に通勤するのに新幹線を利用している。定期券代はいくらなのか、見せてもらうと
 
記者「7万円かかるんですね」 窪田さん「そうですね、やっぱり高いですよね」
 去年、実家のある熊谷市に引っ越したという窪田さん。新幹線通勤を決めた理由には、熊谷市の“ある制度”が関係しているという。
 窪田さん「新幹線の定期の補助というのができたみたいなので、それを使わせてもらっています」
 熊谷市からの補助は約1万2000円。さらに会社から出る通勤手当など5万円を差し引くと、自己負担する金額は1万円ほどだという。
「(Q:実際、この制度を利用してみて感じることは?)快適ですよ。在来線じゃ座れないですからね」
 新幹線での移動は約40分。この日も、会社の資料に目を通すなど有意義に過ごしたという。

 新幹線通勤を補助する動きは自治体だけではない。都内に本社を構える大手のインターネット会社でも去年の10月から導入している。
 ヤフーコーポレート人事本部・湯川さん「月額15万円を上限に、通勤時間が2時間以上の方を対象に補助を開始しています」

実家のある新潟県湯沢町から通勤しているという角谷さん。
1か月にかかる新幹線の定期券代は、14万8000円だが、自己負担はゼロだ。

 新幹線の車内では、読書をするなどして過ごしているという角谷さん。働き方にも、変化があった。残業時間が半分以下になったという。
 角谷さん「新幹線はどうしても本数が限られるのは事実。なので『この時間までに必ず仕事を終わらせよう』と、自分の中で今まで以上に工夫するようになった」

いや残業時間減ったとか以前に14万余りの通勤費を会社に負担させるほどの仕事しとるんかと?

http://news.livedoor.com/article/detail/12926589/