明石家さんま、伊集院光、 何故ニッポン放送は次々にタレントと揉めるのか

4月10日に、明石家さんまが29年ぶりにニッポン放送と和解したというニュースが報じられた。

29年もの長期にわたって同局でパーソナリティーを務めなかった理由は、
当時のレギュラー番組『明石家さんまのラジオが来たゾ! 東京めぐりブンブン生放送』(1983年5月~1988年3月)の放送時に、
ディレクターが事前に録音していた音源を、あたかも生放送のように放送してしまったことが原因だという。
ファンを大切にすることで有名なさんまだけに、リスナーを裏切るような行為を勝手にされてしまっては立つ瀬がない。
その後に、責任を感じて番組を降板してしまったのだという。

テレビ番組で突然の降板というと、出演者のスキャンダルなどが理由に挙げられることが多い。
だが、ラジオは出演者の番組に対するこだわりも強く、製作者と揉めて降板するケースも多いようだ。

クイズ番組『Qさま!!』やなどのテレビ番組で“知識人タレント”として活躍している伊集院光は、
一方で深夜のラジオ番組で絶大な支持を得ている人気のパーソナリティーとしても有名だ。
21年以上も続く『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)は、放送当初から現在まで、変わらず高聴取率を誇っている。
しかし、そんな彼にもニッポン放送と決裂した過去がある。

 


明石家さんま伊集院光も…次々「確執」生んでいたラジオ局
https://myjitsu.jp/archives/20374