世界各国で次々に公開され始めたUFO情報。エイリアンはすでに地球に住んでいる可能性も

まもなく世界中にエイリアンの存在が公表されるかもしれない。

エイリアンの真実を公開するための国際ロビー団体『ザ・ディスクロージャー・アクティビスツ(情報開示の活動家)』は、
「驚くべきことに、世界各国の政府は『地球外知的生命体が存在するどころか、すでに地球に住んでいる』という緊急声明を出す準備に追われているのです」と明かす。

陰謀論者は長年、エイリアンが地球を訪れ、世界中のリーダーと会談していると主張してきた。
しかし、世界のリーダーたちは宗教と法の支配が崩れることを恐れ、その真実を民衆に伏せているとも。

そんな中、ここ数年、アメリカ中央情報局(CIA)、イギリス国防省、スペイン国防省、チリ政府やメキシコ政府などが、
それまで機密扱いにしてきたUFOファイルを続々と開示してきている。

ザ・ディスクロージャー・アクティビスツの共同設立者、ラッセル・カルカ氏は
「最近、アメリカや世界中の政府がUFO情報を国民に開示するための体系的な努力をしています」と説明する。

 


世界各国で次々に公開され始めたUFO情報
https://myjitsu.jp/archives/20126