うっかりカウンターの中のアワビと間違えてパンツの中に手を入れた寿司職人を逮捕

東京・江戸川区の路上で面識のない8歳の女の子のパンツの中に手を入れ、わいせつな行為をしたとして、
51歳のすし職人の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、すし職人の木野宣達容疑者。警視庁によると、木野容疑者は先月、
江戸川区の路上で帰宅途中の8歳の女子児童に「ちょっと時間ある」と声をかけ、パンツの中に手を入れて
下腹部を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。

木野容疑者は先月、面識のない21歳の女性につきまとい行為をしたとして既に逮捕されていて、今回の
事件当日も、この女性のアパート付近をうろついた帰りだったという。

調べに対し、木野容疑者は「車で帰ろうとしたときに女の子が見えて声をかけた」と容疑を認めているという。

http://news.livedoor.com/article/detail/12924082/