読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病患者、世界で10年で18%増

ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は、世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計3億2200万人に上ったと発表した。
全人口の約4%に当たり、05年から約18%増加した。世界的に一般的な精神疾患になりつつあり、若年層の自殺増にもつながっているとして、
早急な対策が必要だと指摘した。

地域別ではインド、中国を抱えるアジア・太平洋地域で全体の約48%を占め、日本は約506万人。厚生労働省によると、
うつ病など気分障害医療機関を受診している人は約112万人(14年)だが、WHOの統計は専門家による推計値のため、
医師にうつ病と診断された人以外も含んでいる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H48_V20C17A2000000/