暴走族に変わる名前を考えよう。彼ら、本当はさみしがり屋。トイレ掃除させれば更生するはず

月31日放送の『訂正させてください~人生を狂わせたスキャンダル~』
(フジテレビ系)に、俳優の哀川翔(55)が出演。かつて“300人対100人の
大乱闘”を起こした事件の詳細を告白し、極楽とんぼ加藤浩次(47)や
バカリズム(41)らを驚かせる場面がみられた。

 この番組は過去のスキャンダルについて、芸能人自らが真相を明かし、
間違って報道された点を訂正していくという内容。今回は哀川の
初スキャンダルとして、34年前、一世風靡セピアの結成当時に“原宿の
竹下通りで300人対100人の大乱闘”という事件があったと紹介。
当時の一世風靡セピアは大規模な暴走族グループと対立関係にあり、
哀川は暴走族と総勢400人もが入り乱れる大乱闘を起こし、決着をつけたのだという。

 この事件について、バカリズムが詳細を説明したのだが、それによると
400人の内訳は暴走族100人に対し、哀川側は300人だったことが判明。
これを聞いた加藤は、「ちょっと、ガッカリですよ翔さん!」と、ショックを隠し切れない様子だった。

 続けてバカリズムがフリップを使って、当時の現場状況を解説。
それによると竹下通りに暴走族100人がいて、原宿駅側に哀川翔軍団が
150人、明治通り側に哀川の友人で俳優の中野英雄(52)が率いる
軍団150人がそろい、哀川と中野の軍団総勢300人で暴走族を挟み
撃ちにしたのだという。この大規模な喧嘩には、加藤も「戦国時代の合戦みたいですよ」と、
驚きの表情を見せていた。

http://taishu.jp/detail/27311/