パリで「買春非合法化やめろ!」デモ  …というニュースの画像になぜか中国語横断幕

買春非合法化から1年、パリの性産業従事者が抗議デモ

フランスで買春を非合法化する法律が昨年4月6日に施行されてから1年が過ぎ、8日にパリ(Paris)中心部で性産業従事者の抗議デモが行われた。

デモ参加者は「客を止めるな、罰金・暴力・AIDS(エイズ後天性免疫不全症候群)・抑圧・偽善を止めろ」と書かれた横断幕を掲げ、
歓楽街として昔から有名なピガール広場(Place Pigalle)からデモ行進した。参加者の大半は若い女性だったが男性も少数交じっていた。

フランスでは売春のあっせんや、それを提供する場所の運営は違法である一方、売春自体は合法とされている。
問題の法律は性産業従事者ではなく客を罪に問う内容で、最大3750ユーロ(約44万円)の罰金を規定している。

人道医療支援団体「世界の医療団(Medecins du Monde)」のティム・レスター(Tim Leicester)氏はAFPに対し、法律が施行されてから路上などで売春婦を買おうとする動きは減退したものの、
客が減ると収入も減るため性産業従事者は客をえり好みしにくくなり、そのため避妊具をつけない性交渉を強要したり暴力を振るったりする客が増えるのでこの法律は失敗だと言えると語った。

http://www.afpbb.com/articles/-/3124496?pid=18893437