(´癶ν癶`)「ホンモノのお嬢様はブランド物なんか持ちませんですわよ」

本物のお嬢様は一目でわかるブランド物は持たぬ傾向

学校法人「森友学園」問題で、脇が甘いなどと非難されている安倍晋三首相夫人の昭恵さん(54才)。
そんな彼女は聖心女子学院の幼稚園からエスカレーター式に高校までいった生粋のお嬢様だ。

先祖に坂上田村麻呂、曽祖父は東大名誉教授で東京ガスの社長でもあった高松豊吉氏。自身は
フェリス女学院の一貫教育を受けたお笑いタレント・たかまつなな(23才)は、お嬢様の驚きの金銭感覚に
ついて、「自分の家は10部屋しかなかったから豪邸ではない。友達は、本の部屋、ピアノを弾く部屋、
食事をとる部屋、休憩部屋など数え切れないほど部屋があった」と語っている。

とんでもない金銭感覚がクローズアップされる一方で、身につけるものが意外に地味だったりするのが、
本当のお嬢様…そう指摘するのは、マーケティングライターで『インフィニティ』代表取締役牛窪恵さん(49才)だ。

「あまりブランド物を持たないですよね。質のいいものは持つんですが、誰にでもわかる『シャネル』とか
ルイ・ヴィトン』とかは持ち歩かなかったりします。聞いてみると、つとめてそういうブランド物を持ち歩かないように
しているようなんです。余計な反感を買ったり、もし親が経営者だったりすると、もっと給料を従業員に払うべきだ
とか言われますしね」

いい車に乗って、ブランド物のバッグ持って、しかもそれをSNSに上げて…というお嬢様は、成金である場合が多い、と牛窪さん。

「周りにどう見られるかということを意識して、それをアピールしているのは、逆に言うと、コンプレックスが強いことの表れ。
そういう親に育てられた子供は、学生時代から平気で毛皮を着ちゃったりする傾向があります。あるいは仕事で
あまり家にいない親ですと、子供に寂しい思いをさせたくないからと欲しいものを買い与え、贅沢をさせがちです。
芸能人の2世、3世はこのタイプが多い」

奇しくも韓国の鬼才、パク・チャヌク監督の最新作『お嬢さん』が話題になっている。莫大な財産を有する華族令嬢である
ヒロインは、春画を熟知しながらも、「初夜」をどう過ごすかわからないのだが、前出・たかまつは現在、23才で処女。
結婚式での誓いのキスがファーストキスになることを夢見ているが、それもお嬢様教育だったのか?

つづきますわよ


「いや、そういう教育はありませんでした。ただ、汚らわしいものだっていう感覚はあります。お嬢様は、私のようになる
タイプと、小さい時に男性に触れなさすぎて、大人になりその反動から性の化け物になる人もいます」(たかまつ)

いずれのタイプになろうとも、良家のお嬢様は恋愛慣れしてないのが欠点でもある。前出・牛窪さんは、昭恵さんが
泥酔して布袋寅泰に絡んだ一件を引き合いにこう話す。

「基本的にお嬢様は気さくに人づきあいをする一方で、すごくガードが堅い。お酒も飲みすぎないですよね。
自分が正体をなくしちゃったらそういうスキにつけいられちゃうのがわかってますから。

でも昭恵さんの場合、今の生活で、とっても立派で完璧なお姑さんと同居して自分では仕切れないというストレスに
加え、若い時に親の門限が厳しかったり、自由に遊んだりできなかった反動からか、今になってハメを外しちゃった
のかなという印象がありますよね」
     
これまでいろんな“粗相”がニュースになっては消えてきた昭恵さんだが、今回のスキャンダルはなかなか火消しが
できないどころか、いまだ大炎上中。それにもかかわらず、渦中にメールしたり、スキーに行ったり、講演会も
ついこの間まで決行していた…。

「もしかしたら反省の色はほとんどないんじゃないでしょうか?」と言うのは前出・たかまつだ。

ウルトラマンが、自分は正義といって建物いっぱい壊してるじゃないですか。ああいう感じだと思うんですよね」

お嬢様という響きに憧れもしたし、自分の生まれた家を不満に思ったことは一度や二度じゃないけれど、やっぱり
フツーがいちばん!? カモ…。

※女性セブン2017年4月30日号
http://www.news-postseven.com/archives/20170409_508364.html