スターバックスの人口当たりの店舗数で韓国が日本の2倍に。カナダ、米国、シンガポールに次いで世界4位

 米コーヒーチェーン大手・スターバックスの人口当たりの店舗数で韓国が日本の2倍になった。
2月末時点の韓国の店舗数は1008店にのぼり、1人当たりでカナダ、米国、シンガポールに次いで世界4位。
昨年は韓国のコーヒー専門店では初めて売り上げ1兆ウォン(約1003億円)を超えた。
高級コーヒー市場が成熟した日本と異なり韓国は未成熟な状態で、『スターバックス=高級コーヒー代名詞』というイメージが強い」という背景もありそうだ。
一方で、スタバが日本など各国で展開しているスマートフォンアプリでの事前注文サービスは、韓国では定着していない。
注文をしたまま店に来ない「ノーショー(予約不履行)」の客が多いからだという。

世界4位、売り上げ1兆ウォンなのだが…

 米コーヒーチェーン大手・スターバックスの韓国法人、スターバックスコーヒーコリアによると、
2月末時点の韓国内の同社の店舗数は1008店で、韓国の人口1人当たり0.00002店だった。
人口5万人当たりスタバの店舗が1店あることになる。聯合ニュースなど韓国メディアが報じた。

 一方、日本国内の店舗数は約1040店で、1人当たり0.000009店。人口11万人当たり1店という計算になり、韓国の半分にも満たない。

 ちなみに1人当たりのスタバ店舗が最も多い国はカナダだった。
人口3628万人のカナダには1035店の店舗があり、3万5000人当たり1店舗、1人当たりでは0.00003店。
2位はスタバの本拠地・米国、3位はシンガポールで、韓国は4位に食い込んだ。

 さらに、韓国紙、中央日報によると、スタバは昨年、韓国のコーヒー専門店では初めて売り上げ1兆ウォンを超えた。
スターバックスコーヒーコリアのまとめでは、1兆28億ウォンの売り上げを記録し、2015年(7739億ウォン)に比べて29・6%増えた。

 

日本の2倍…1人当たりのスタバ店舗数、韓国が世界4位 独走支える「現地戦略」
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170409/mcb1704091301001-n1.htm