【日本人の通名は使いたくない】マルハン社長の激闘人生 日本に帰化しても韓国名貫く韓国人の誇りへ

【気になるアノ人を追跡調査!野球探偵の備忘録(41)】1981年夏の甲子園報徳学園(兵庫)と京都商(京都)の決勝戦は、在日韓国人の人々にとって忘れられない一戦として
語り継がれている。京都商の左翼手在日韓国人として史上初めて本名で選手登録。同胞たちに勇気と希望を与えたこの選手は、現在、パチンコ業界最大手「マルハン」の代表取締役社長
として辣腕を振るっている。大企業のトップに上り詰めた韓裕氏(53)が激動の人生を語った。

「自分では、そんなに特別なことだとは思ってなかったんです。ただ、反響はすさまじいものがあった。『勇気をもらった』『自分の子も本名で出場させたい』という手紙が、
段ボール箱いっぱいに届きましたからね。甲子園で注目されて初めて、自分は韓国人なんだという意識が高まりました」

 甲子園出場を決めたその夏、突然勝山監督から呼び出された。「本名のままでいいのか?」。それまでも甲子園に在日韓国人が出場したことはあったが
通名(日本名)での登録が当たり前の時代。本名での出場は前代未聞だった。

「変な意味ではなく、監督も気を使ったんだと思います。私も『西原』という通名は持っていましたが、
ほとんど使ったことはなかった。急に呼ばれてもわからないので、本名でお願いしますと言ったんです」

 迎えた夏の甲子園。開会式のリハーサルでは見慣れぬ名字が気になったのか、早速声をかけられた。「おまえら本名で出てんのか。すげえな」。
同じく在日韓国人で、のちに決勝を戦う報徳学園のエース・金村義明(現評論家)だった。

「もう一人チームメートに鄭(チョン)という選手がいて、スコアボードに『鄭』『韓』と並んだのはインパクトがあったんでしょう。で
きるなら本名は使わず通名でと、人目を避けて生きている人たちが多かった時代。若者が本名で堂々と出場していることが、刺激になったのかもしれません」

 1990年にマルハン入社後は野球で培ったバイタリティーを生かし、それまでのパチンコ業界のイメージ改革に乗り出した。しかし…。
「会社に入ったばかりのころは、うちも含めて業界全体が企業としての“てい”を成していなかった。すでに34店舗を持っていましたが、
どこの店長も古い体質で、サービス業なんて価値観はまったく持ち合わせていませんでした」
 実父である会長が静観を決め込むなか、体育会系仕込みの体当たり精神で、パンチパーマの店長たちを相手に孤軍奮闘。
金づちを振り回してくる気の荒い店長にも毅然とした態度で立ち向かった。

 そんな苦労が報われ始める。自ら掲げた「サービス業としてのパチンコ店」という理念は店舗を超えて徐々に浸透していき、
古い体質の人間は「アホらしい」と店を去っていった。そして、2008年に社長に就任。年商1000億だった会社を2兆円規模の大企業にまで拡大した。
 今後の夢は…。「球団をやりたい、というのはある。(参入への)現実的な問題はありますけどね。そういったものも、変えていかないといけない」

 甲子園の手書きのスコアボードに記された本名は、常識やタブーに挑み続けた半生の一歩目の足跡だったに違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000003-tospoweb-base