【飯テロ】ついに孤独のグルメ シーズン6に焼肉屋が出るぞおおおおお! 東京都東大和市の「焼肉 翠苑」

カルビ 1000円
ハラミ 900円
ライス中 250円
キャベツ 無料

一口に焼肉と言っても、さっぱりと食べる牛タンやビールとの相性を楽しむホルモンなど、さまざまな食べ方や組み合わせがある。

その中でも特にガッツリと肉を貪りたいのであれば、カルビやハラミの王道をライスでかき込みたい。

プロ野球選手も通いつめた焼肉店
ドラマ「孤独のグルメ」シーズン6に登場する東京都東大和市の「焼肉 翠苑」(すいえん)は、とにかく肉でライスをたらふく食べたいときにピッタリだ。

西武拝島線東大和駅から徒歩15分とアクセスは決して良くないが、店内にはプロ野球選手のサインが壁一面に飾られている。長いシーズンを戦うためのスタミナを翠苑で補っていたのだろう。

・焼肉の王道を食す
孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎が食したのは、カルビ、ハラミ、ライスというまさに焼肉の王道とも呼べる組み合わせである。

ある意味、焼肉店であれば必ず用意されている定番のメニューだからこそ、クオリティの違いを確かめやすい。翠苑の魅力を堪能するにはこの上ないメニューだと言えよう。

・タレにつけないのが翠苑のスタイル
翠苑ではタレ味と塩味を選ぶことができるが、特に翠苑ではタレ味を選ぶことを推したい。

単純にライスとの相性を考えてもタレを選ぶべきかもしれないが、翠苑ではあらかじめ肉にタレをしっかりと漬け込まれているため、つけダレを一切つけなくてもしっかりと肉の旨味とタレの味を堪能できるのだ。

http://main-dish.com/2017/04/08/kodoku-no-gurume-yakiniku/
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/03_IMG_3748.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/05_IMG_3670.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/07_IMG_3673.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/01_IMG_3690.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/09_IMG_3693.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/15_IMG_3731.jpg
http://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/04/16_IMG_3732.jpg
https://youtu.be/14UfITM5GQI