手塚治虫さんの漫画や関連書展示販売 安城のギャラリー

 漫画家の故手塚治虫さんの作品百点以上を展示、販売する「手塚治虫漫画一〇〇冊展」が五月二十一日まで、

安城市小堤町のアートギャラリー九一〇(きゅういちまる)で開かれている。

 隣接する絵本専門店「花のき村」が企画。これまでも絵本作家の五味太郎さんや詩人の谷川俊太郎さんらの作品で
「一〇〇冊展」を開いており、今回が八回目になる。

 「鉄腕アトム」(全二十一巻と別巻二冊)「火の鳥」(全十二巻)「ブラック・ジャック」(全十七巻)といった数々の漫画のほか、
手塚さんを特集した雑誌、エッセー、絵本などもそろえた。

 店長の伊藤義明さん(62)は「人生や宗教をテーマにした作品もあり、オリジナルの話をこんなにたくさん思い付いた手塚さんは
本当に天才だと思う。僕自身、小さいころに親しんだが、子どもから大人までみんなが楽しめます」と話している。

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170405/CK2017040502000054.html