首都高は初心者でも怖くない? 右から合流、複雑分岐、うまく走るコツ

C1都心環状線だけでもJCT名を覚えておきたい

 用地確保が難しい東京都心部を縫うように走り、神奈川、埼玉、千葉に広がっている首都高。路線が複雑であるほか、郊外の高速道路と
比べてカーブや合流、分岐が多いなど、初心者には運転しづらいだろうポイントが多々あります。

 初心者ドライバーはどうしたら首都高をうまく走れるのでしょうか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチさんに、その「コツ」を聞きました。

――初心者が首都高を走る場合、まずどういう点に気をつけるといいでしょうか?

 東京では、C1都心環状線と、その外側にC2中央環状線というふたつの環状線があり、C1から放射状に路線が伸びているという構造を
理解しておくといいでしょう。特に、C1だけでもJCTの名前を覚えておくと渋滞情報も理解しやすくなると思いますし、C1を何度か回れば、
首都高の構造についてかなり勉強になると思います。

――分岐で気をつけるべきポイントはなんですか?

 たとえばC1の江戸橋JCTから、6号三郷線と9号深川線が分岐する箱崎JCTまでのあいだは、中央の2車線が6号線行き、その両脇の
車線が9号線行きという構造で、6号線へ向かう中央の車線が混んでいて両脇の車線から入れないという場合があります。ここに限らず、
車線の変更は分岐直前ではなく、早めにしておいたほうがいいでしょう。

――合流で気をつけるべきポイントはなんですか?

 たとえば神田橋JCTでの八重洲線からC1内回りへの合流は、加速車線が短く、右側から本線の追い越し車線側に合流します。
また、同じように谷町JCTでの3号渋谷線からC1内回りへの合流も右からの車線への合流になります。このふたつを含めて「右側からの
車線への合流」は、合流する側も合流される側も注意すべきポイントです。ルート上で、合流が本線の右からか左からか予習しておくと
いいと思います。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00010003-norimono-bus_all