金正恩氏の治安部隊にはめられた女性を待つ悲惨な末路

北朝鮮の内部資料を国外に持ち出そうとしていた女性が、当局に逮捕される事件が起きた。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、最近、道内の普天(ポチョン)郡の国境付近で、職業総同盟が発行した政治学習用の内部資料数冊を、
中国側にいる何者かに手渡そうとしていた女性が国境警備隊に逮捕されてしまった。

女子大生を拷問

この資料は、当局が住民を対象に行っている政治講演会の講演提綱(レジュメ)と思われる。資料の具体的な内容は不明だが、逮捕されたのは咸鏡南道(ハムギョンナムド)洪原(ホンウォン)郡在住の女性。
彼女は、国境警備隊の隊員にワイロを掴ませ、協力する約束を取り付けた上で資料を中国側に手渡そうとした。
しかし、この隊員が密告したため、逮捕されてしまう。隊員にとっては、私腹を肥やし、実績も上げられて一石二鳥となった形だ。
http://dailynk.jp/archives/86257