竹島、売春婦像、仏像、神社への油撒き、火つけ、嘘つき、トンスル...これでも主婦は韓国旅行

【ソウル聯合ニュース】長嶺安政・駐韓大使が4日夜、85日ぶりにソウルへ
帰任したことと関連し、在韓日本大使館が黄教安(ファン・ギョアン)
大統領権限代行首相、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官、韓民求(ハン・ミング)
国防部長官と長嶺氏の面会を韓国側に要請したことが5日、分かった。外交消息筋が明らかにした。

 韓国政府は、外交上の慣例や国民の情緒などを勘案し、当面は面会の要請に応じない方針だ。

 長嶺氏は、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が
設置されたことへの対抗措置として一時帰国していた。4日に金浦空港到着後、
記者団に対し、すぐにでも黄氏ら要人に会い、慰安婦問題を巡る韓日合意の実施に
ついて強く求めていくと述べた。

 


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/05/2017040503178.html