「年収800万円で小遣いは1万円。でも家計は赤字です…。どうしたらいいでしょうか?」

大野家の家計をチェック [世帯年収:800万円]

家族構成●夫(49歳・IT企業システムエンジニア)妻(49歳・専業主婦)子供(長男・長女⇒双子・10歳)

年収●夫・800万円、妻・0円(うちボーナス=夫・夏40万円/冬92万円)

貯金額●50万

http://president.ismcdn.jp/mwimgs/2/e/-/img_2e58b068864ba2fdd69050336c0e2ffe80390.jpg


大野家は30代半ばで結婚し、数年の不妊治療を経て双子の子供に恵まれました。

それだけに、子供への思い入れも強く、家計の中で教育費が突出しています。

現在、小学校4年生ですが、公立の中高一貫校を目指して塾通いをし、教育費は

月額9万5000円に上ります。


夫は仕事が終わればすぐに帰宅。月1万円の小遣いにも不満はなく、妻の小遣い

はゼロ。夫婦ともに努力をしているのですが、よく見ると、交際費が2万8000円

かかっています。


これは、子供が塾や英会話教室に行っている間、妻がママ友とファミレスで待っ

ているための費用です。受験を控えているのでママ友との情報交換は欠かせない

という理由もありますが、飲み物だけでなく、ついケーキなども注文してしまう

ので、結構な出費となっています。


通信費も目立ちます。何かあってはいけないと子供2人にもスマートフォンを持た

せ、さらに子供専用のタブレットも契約しています。教育費は聖域と考える家庭

が多く、見直しが一番難しい部分ですが、このままでは、ご夫婦の老後が破綻す

ることは目に見えています。


http://president.jp/articles/-/21242