「新宿駅」の地下奥深くで“写真撮影禁止”の謎の工事が進行中。何のための空間だろう?

新宿駅、不便解消へ東西通路 工事現場は「地下神殿」

 まるで地下神殿――。JR新宿駅は、朝から晩まで乗降客が絶えない。
その変わらない日常が続くホームの真下で、大規模改修がひそかに進んでいる。長く駅の東西を往来するのが
不便だったのを解消するため、広い自由通路をつくる工事だ。3月下旬の昼間、JR東日本に現場を見せてもらった。

 東口改札を入り、人混みの通路を左斜め前方にまっすぐ進む。7番線と8番線の案内表示がある壁に、
普段は鍵のかかっている目立たないドアがある。特別に開けていただいた。

 薄暗い。

<中略>

 見学していて、ちょっと気になる空間があった。見せてもらった現場のさらに奥にも、新たな空間らしきものがつくられて
いるようなのだ。そこの写真撮影は禁止。JR東日本の社内で何やら検討していることがあるようだ。

 新しい自由通路が完成した後も、「最も忙しい駅」というギネス世界記録がある新宿駅は、さらに便利になるのだろう。
(石山英明)

http://www.asahi.com/articles/ASK3Z5TT4K3ZUTIL039.html?iref=comtop_8_01