名駅と栄はどっちが栄えてるの?(´・ω・`)

名駅一人勝ち」に栄が待った 変わる名古屋の街づくり

 〈生まれ変わったタカシマヤへいらっしゃいませ。〉

 2月20日、店舗改装を知らせるJR名古屋高島屋の広告が名古屋市営地下鉄矢場町駅構内に張り出された。

 この駅は、松坂屋名古屋店のおひざ元。攻勢を仕掛けたライバルに松坂屋関係者の心中は穏やかでない。
「これが先方の商売のやり方なのかもしれない」。対するJR高島屋側は、広告出稿の狙いをこう明かす。
松坂屋の客というよりは、パルコやラシックに集まる若い層を長期的に取り込みたい」

     ◇

 名古屋城の建設に伴い、尾張の中心を清洲から移す「清洲越し」でできた名古屋の街。
城下と港を結ぶ幹線道路が通る栄地区は、街の中心として発展してきた。
清洲越しから約300年後の1910年、名古屋市内初のデパートとして開店した松坂屋は栄の象徴になった。
松坂屋百年史によると、開店当日は当時の名古屋市の人口の約1割にあたる3万~4万人が入店したという。

 だが、2000年以降、名古屋駅前の再開発が進むにつれ、栄の優位性は揺らいでいる。JR高島屋が開業したのは00年。
02年2月期は、松坂屋名古屋店の売上高がJR高島屋を676億円上回っていたものの、15年2月期に逆転された。
愛知県内の公示地価は08年、商業地の最高価格地点が栄から名駅前に移った。
広告会社のDGコミュニケーションズが15年、市民約1千人に名古屋の都心を尋ねたところ、
名駅周辺」と答えた人は49・1%にのぼり、「栄駅周辺」(46・7%)を上回った。

     ◇

 「名駅一人勝ち」に待ったをかけようと、栄も動き出している。今月15日、栄で競合する12の商業施設で一斉にスタンプラリーが始まった。
昨年から始まった、消費者に栄を回遊してもらう取り組みの第4弾。
松坂屋名古屋店の万田高史部長は「商業地として、面的な広がりがある栄の特色を出したい」。

 栄には名駅周辺のような超高層…

http://www.asahi.com/articles/ASK3L5QGPK3LOIPE00Y.html