綾瀬バス停付近で渋滞

はまったあ! 2016年渋滞ランキング、高速道路1位は東名上りの海老名JCT横浜町田IC

国土交通省は、2016年の渋滞ランキングを発表した。

交通需要の時間的・空間的な偏在により特定の時間帯、箇所、路線で発生している渋滞に関して各種交通データを活用して渋滞ランキング
をとりまとめたもの。

それによると2016年の高速道路の渋滞1位は東名高速(上り)海老名JCT横浜町田ICで、渋滞損失時間が151時間だった。
2位は中央自動車道(上り)調布~高井戸で、渋滞損失時間が140時間、3位が東名高速(上り)東名川崎~東京で渋滞損失時間が118時間だった。
大都市中心とその周辺をつなぐ主要路線の区間が上位にランクイン。

NEXCO(高速道路会社)3社と本四高速における2016年の渋滞損失時間の合計は1億9000万人・時間で、高速道路を利用した1台あたり4分に相当する。
2015年と比較して、年間の渋滞損失時間は1.5%減。
東名高速の開通により、並行区間である東名高速で渋滞損失が減少し、上位だった3区間が30位以下に低下した。

都市高速の渋滞1位は神戸線(下り)西宮JCT第二神明接続部だった。2位は神戸線(上り)第二神明接続部~西宮JCT
3位が三郷線(上り)三郷JCT~小菅JCT。都心に流出入する路線・区間が上位を占める。

都市高速道路における2016年の渋滞損失時間の合計は7000万人・時間。都市高速道路を利用した1台あたり7分に相当する。
2015年と比較して、年間の渋滞損失時間は4%増となり、上位はほぼ変わらない。

直轄国道(1号~20号)の渋滞1位は国道16号千葉県柏市・呼塚交差点~大井交差点だった。
都市中心部や都市間をつなぐ区間、大規模商業施設と工業団地周辺や、交差点が連続する区間がランクインした。

直轄国道における2016年の渋滞損失時間の合計は13億9000万人・時間で、これは年間で約78万人分の労働力に相当する。
国道1号~20号の渋滞損失時間は7億4000万人・時間で、直轄国道全体の約5割が発生している。
前年との比較では年間の渋滞損失時間は2%減だった。

http://response.jp/article/2017/03/31/292887.html