触手さんと一緒に働ける時代が来るかも! タコの足を参考にしたうねうね動くロボットアーム誕生

    触手さんと一緒に働ける時代が来るかも! タコの足を参考にしたうねうね動くロボットアーム誕生
柔らかいため安全性が高いそうな。
 ドイツの企業Festoが、タコの足をモチーフにしたロボットアーム「OctopusGripper」を開発しました。うねうね動いて、なんでも持てるすごいロボだよ!

 「OctopusGripper」はシリコンを使った空圧式のロボットアームで、タコの足のように柔軟に動くため、さまざまなサイズ、形状の物体にフィット。内側に配置された2列の吸盤を使って持ち上げたり、つかんだりすることが可能です。

 Festoによると、このような柔らかい構造には人間との共同作業が安全に行えるというメリットも。同社は、このほかにも象の鼻とタコの足がモチーフで触手っぽいデザインの「BionicMotionRobot」などのテストを行い、さまざまな産業分野での活用を目指しているようです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1703/31/news109.html