ボクたちが愛した、想い出のレトロパソコン・ゲームたち

RPGが一気に身近なものに感じられた「ハイドライド
 想い出のレトロパソコンやゲームを写真とともに振り返る本コーナー。今回紹介するのはT&Eソフトが1984年に
発売した「ハイドライド」。
 プレイヤーが主人公のジムを操作して数々のアイテムを集め、悪魔バラリスを倒してフェアリーランドに平和を
取り戻すのが目的の本作品。
 敵に体当たりして攻撃し倒すという非常に分かりやすいシステムと、巧妙に隠された謎を解いていく楽しさが
ミックスされたナイスなゲームでした。当時のパソコン雑誌に掲載された売り上げランキングに約2年間も載り続け、
ハイドライドシンドローム”なる単語も登場したほど話題になりました。
 数多くの機種に移植されましたが、FM-7版には隠れキャラが登場したり、X1版は4方向スムーススクロールで
ゲームが進行するなど、ハードごとに特徴があります。作品は、「ハイドライドII」「ハイドライド3」とシリーズを重ね、
今なお人気を博しています。ちなみに、作者である内藤時浩氏のデビュー作は「ハイドライド」ではなく、
「コスモミューター」というゲームでした。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/retrosoft/1050283.html