電車の中のリュック野郎がウザすぎる

私は通学や休日の移動手段で電車を使っている。
いつものように学校に向かっていたある朝、JR山手線は満員だった。
私は背負っていたリュックを胸に抱えて車内に乗り込んだ。
予想していたよりも車内は混雑していた。私はサラリーマンに
挟まれ、肩と肩が当たり、小さく丸まって、自分の降りる駅に電車が到着するのを待っていた。

http://mainichi.jp/articles/20170326/ddm/005/070/028000c