増税のおかげ 「軽自動車離れ」が止まらない 販売台数が減り続ける

消費税及び軽自動車税増税に反応した「先食い」も要因のひとつ

「軽自動車離れ」のトレンドが止まらない。乗用車と商用車を合わせた軽四輪は、
2014年に227万2790台を販売したのをピークに、2015年は189万6200台、2016年は172万5460台となった。
2017年に入ってからも前年同期比では98%台の数字で、着々と減少している。

2014年についていえば、同年4月1日からの消費税増税(5→8%)を目前とした3月の駆け込み需要が大きかったことが数字を伸ばした理由のひとつ。

さらに、2015年4月1日以降は軽自動車税が7200円から1万800円へと大幅増税されることで2年続けて3月に需要の先食いをしてしまったことが、
翌年以降の前年比割れにつながっている面は否めない。

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170330-10262837-carview/