0対91で敗れた英心高校野球部の監督が素晴らしい人だと話題に

高校野球の公式試合が、0対91のスコアで終わった。5回コールドだった。
目を疑うような大差だが、敗れたチームの監督はツイッターで胸を張った。そこには、この野球部の歴史があった。
62被安打17失策
2017年3月27日に行われた第64回春季東海地区高校野球三重県大会の南勢地区1次予選、私立英心(えいしん)高校と
県立宇治山田商業高校の試合は、英心が0対91で敗れた。英心は後攻の宇治山田商に、1回に8点、2回に31点、3回に41点、
4回に11点を失い、5回ウラを待たずにコールド負けした。62被安打17失策だった。
この結果を27日にツイッターで伝えたのは、敗れた英心の豊田毅監督(31)だった。
過去に例のないほどの大敗にもかかわらず「選手はダメじゃないです」と投稿した。
この豊田監督のツイートに
「あなたのチームは日本で一番応援したくなる高校野球部だ」
「この悔しさを糧に夏に向けて!!これからも応援させていただきます」
「お疲れ様でした!ほんとこれからのみなさんの成長期待しています」
「必ず喜べる日はすぐ近くにあると信じています」

http://www.j-cast.com/2017/03/28294222.html?p=all