紗倉まな「『AV出演=人生崩壊』というイメージを払拭したい」

紗倉まな鈴木涼美が証言するAV女優のセカンドキャリア問題...偏見は取り払えるのか?

 

 このような偏見がまかり通っている状況についても、もっと注目されてしかるべきなのではないだろうか? 
AV女優として活動するのみならず、最近では小説家としても注目を集める紗倉まなは『MANA』(サイゾー)のなかで、
AV女優としての自分の仕事の意義についてこのように綴っていた。

〈「AV出演=人生崩壊」というイメージを払拭できたら。偏見という厚い鉄製の壁を壊す作業を、
今はアイスピックくらいの小さい工具でほじくっているような気持ちです。
ちょこちょこといじるのが私の楽しみであり、仕事のやりがいでもあります。
「もしかしたら、何かの拍子にツンとつついたら壊れるかもしれない」と希望を抱けるのも、
ある意味で"グレーな領域の仕事"だからこその醍醐味なのかもしれません〉

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12218-5922/