「うちはマーチ以上しかとらん!」 上司に逆らってFランク大学の学生を採用したらこうなった

Fランク大学の学生を採用したらこうなった
STORYS.JP 3/27(月) 21:00配信

学生が就職活動に奔走しています。
本日は、学歴重視の上司の反対を押し切り、
通称「Fランク大学」の学生を採用した方の体験談です。

*投稿サイトに寄せられた【個人の体験談】を転載形式でご紹介しています。

------------------------------------------------

「うちはマーチ以上しかとらん!」
人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。

営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、
次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。

いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。
大阪出身できついなまりが特徴的です。

間違ったことは言っていないと思いますが、例外があるのは確かです。

色々な学生と面接をする中で、とある偏差値40台の大学の学生「高橋君」に出会いました。
彼は高い志とモチベーションをもって学生生活を送り、社会人としてはばたきたいと目を輝かせていました。

優秀な受け答えをするのに大学がいまいちな学生は、大抵はなにかしらの事情があって無名大学に入学しているものです。

「親の会社がつぶれて高校時代は勉強せずにずっとバイトをしていました。
大学にはいってからはこれではダメだと思い、公認会計士の勉強をするためにダブルスクールを始めました。
ビジネスの世界を知って結果をだしたいと強く願うようになり、必死に勉強しています」

面接対策をばっちりして模範解答を言う高学歴の学生より、ハングリー精神をもっていて自分の頭で考えた言葉で話す学生のほうが頼もしくみえます。

面接の合否を決める責任者であった私は評価シートに「入社後、高い成長性が期待できる。
学歴こそ低いもののポテンシャルは高い。」と記入し、最高評価のAランクでの合格として上層部に提出しました。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010000-storys-life