俺らオッサンが子供の頃はゲームキューブとかでスマブラやってたんだぜ

タレントの稲村亜美(21)が、27日発売の『週刊プレイボーイ』15号(集英社)のグラビアページに登場。スポーツ美女ではない、
“普通の女の子”としての等身大の魅力をビキニ姿で見せつけた。

【写真】その他の写真を見る

 稲村がテレビCMで豪快すぎる「神スイング」で話題になってから、早2年。これをきっかけに多数のプロ野球始球式に登場し、
プロ野球ニュース』のキャスターやゴルフ番組のアシスタントなど、スポーツの分野をメインに大活躍してきた。

 『週プレ』のグラビアでも、そのアクティブなイメージを生かし、雨の中や炎天下など過酷な状況でバッドを振りますような、
アスリート的撮影に挑んできた稲村。しかし今回のグラビアでは、スポーツから離れた王道グラビアに挑戦し、
身長173・バスト86・ウエスト61・ヒップ88センチの超級ダイナマイトボディを大胆に披露した。

 “普通”の姿を開放した稲村は「やっとスポーツっぽくないグラビアを撮ってもらってすごく新鮮でした。
新しい私の新たな一面をみなさんに見てもらえたらうれしいです!」と仕上がりに自信を見せている。なお、
本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も同時発売された。

大胆に胸の谷間全開でも何故かエロくない健康的グラビアの稲村
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170327/2088118_201703270355166001490604713c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170327/2088118_201703270355283001490604713c.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2088118/full/